メモ帳

だからメモ帳だと言ってるだろう

7.酔った勢いで書くいい恋愛の話

アリサは美人である。東京の一流大学出身で、実家も太い。現在24歳で、東京のすごい巨大な企業に勤めている。アリサはめっちゃ美人だし、めっちゃいい匂いがする。めっちゃいい匂いがするし、ツイッターに3枚の自撮りをあげただけで3万RT、1万フォロワーを達成した過去を持つ。毎日50通のペニスでタイピングしたようなDMが届いては、全てをプリントアウトしてコレクションにしている。Tinderではハイスペ男性からのオファーが止まらない。そしてアリサの膣には23cmのペニスが入る。日々の膣トレの賜物である。

 

とある心地の良い日差しの日曜日、都内にあるめっちゃ高いタワマンで、アリサは電マの振動を最大にして、それを股間に当てながら「イケメンで巨根の彼氏欲しいィィィィッッ!FOOOO!巨根のセフレYEAAAAAAAAHHHH!!!」と、もはや日課となった激しい自慰行為に耽っていた。こんなに激しいのは最近ほとんどイけてないからである。労働や恋愛のストレス、欲求不満から電マの振動最大でやっと満足できるようになったため、ホモ・サピエンスでは黒人を除いてほとんどイけなくなってしまったのだ。ジャパニーズペニスは産業革命の前に敗れ去った。この欲求不満を解消するために、豚との性交を既に5回ほど検討していた。イルカは4回検討した。クジラのペニスは膣に入らないとこの時に知った。

 

結局電マでは本格的にイけず、気晴らしにツイッターを開くと、チンポからのいいねが3205件届いていた。3205本のチンポに囲まれるのを想像して軽くイきそうになりながらも、タイムラインを追う。アリサのタイムラインには、今日も恋愛を仰々しく語っている、自分と同じハイスペック女性と、ツイッターは無料ソープランドと豪語する、イケメン高身長高収入家柄良い手マン上手い男性でいっぱいだ。しかしなんとなく男に会う気はしなかったので、前々から誘われていたハイスペ女子ラブホオフ会に赴くことにした。

 

ハイスペ女子ラブホオフ会は理想のカレシが見つからなくて狂いかけているオンナたちでいっぱいである。「イケメンの彼氏欲しい〜」「東條英機に似ている男の子なら紹介できるよ!!」「アタシ近衛文麿似が好きなのよね〜」「撃ちてし止まん」「欲しがりません、勝つまでは」そうして皆が思い思いにストレスを解消して女子会は終わる。皆、自分のことしか考える余裕しか存在しないのである。

 

今夜、アリサは趣を変えてみてツイッターの童貞オタク大学生だという男性と出会うことにした。裏垢で知り合ったオタクである。「膣にチンポを挿入したすぎるんだが」出会って2秒でのオタク構文の先制攻撃にアリサの膣も湿る。いや湿るし締めるし閉めるし冷めるし醒めるし、という気持ちになりながら、それでもアリサは新しい扉を開く感覚を楽しんでいた。早速ラブホにチェックインし、シャワーを浴び、オタク童貞クンの筆下ろしが始まる。

 

古舘伊知郎「さあ今宵アリサ選手が相手にするのはなんと真性童貞オタクであります!しかしツイッターでは一瞬で消されたエロ自撮りも逃さず保存し管理している異常な男。言うなれば『音速の貴公子』でありましょうか!さあ蓄積された自撮りは今宵、どんな性技を見せるのか!!」

アリサは童貞オタクくんの優しい手マンに感動を覚えていた。これまで童貞を相手した時はAVやらを間に受けてガシガシ手マンする人間しか存在しなかったからである。童貞オタクくんも初めて触れる女性器の感触にニヒルな笑みを浮かべていた。アリサはもう準備万端である。この際、童貞オタクくんが真性包茎だろうが、膣内射精障害であろうが、ペニスにポリープがあろうが、どうでもいいと思っていた。このツイッターの童貞オタクは挿れたときどんな声で啼くのか、気になって仕方なかったのだ 。

古舘伊知郎「おや?どうした?アリサ選手の様子がおかしいぞ!表情が曇っているが…これは…『粗チン』だァーッ!なんという事でしょう!童貞オタクのチンポが『粗チン』でございます!なんという事態!先ほどの満足そうなアリサ選手の顔はどこに!!」

焦ったのは童貞オタクである。しかし彼は今日まで童貞であった。アリサを満足させるのは最初から不可能だったのだ。それでも彼女の興味さえ満たせば及第点である。童貞オタクは思案の末、一つの結論に辿り着く。

古舘伊知郎「一瞬の隙をついて、オタク選手がアリサ選手にクンニを始めました。オタク選手、勝負に出ました!これで…おや?今度はオタク選手の様子がおかしい…!苦虫を噛み潰したような顔をしております!これは…」

アリサは日々膣トレを欠かさない。ハイスペ男子特有の長いペニスを苦痛なく挿入するためである。またアリサはハイスペ男子の多くに倒錯した性癖が存在することも理解していた。膣に酒を投入したり、諸々の薬物をまぶしたりして薬物耐性を向上したりもしている。日曜日は膣壁の強度と締まりを上げるため、甲殻類を生きたまま膣で圧死させるトレーニングを行っていた。

古舘伊知郎「『強ザリガニ臭』だァーッ!なんということでしょう!アリサ選手の膣から『強ザリガニ臭』が放たれている模様!比喩ではない!ザリガニそのものの臭いッッ!!プロレスに例えるなら『毒霧』でしょうか!!この臭いにはインド象も2秒で気絶することでしょう!!」

アリサがしまったと思い、起き上がった時にオタクはすでに気を失っていた。その亀頭からは大量の精液が溢れていた…。

 

その夜、オタクは童卒キャスを行うことになる。実はホテルに隠しカメラを設置していた策士オタク、今回の事件をネタにアリサのセフレとなったそうな。

6.あ

 こんなブログに書くつもりなんかは無かったんですが、いろいろあったので書く。特に盛り上がりもないし大したことはないんで、それだけ。

 昨日は中学時代の友達の年忌であった。自分から見てもそこそこ仲は良かった方だと思う。こういうことを行くときに面倒だとは全く思わないぐらいには良い人であった。一応書いておくが死因は自殺ではない。こうやって僕が行くということは、他にも呼ばれた人が大勢いるわけで、そこには多くの旧友たちが同席していた。

 開始時間の30分前に着き、挨拶を済ませ、席に着席する。住職が入場し、お経が始まる。まぁ特筆すべきことはない。あえて書くなら赤ちゃん用かよと言いたくなるぐらい椅子の背が低かったり、お焼香をくべるときにやたら見られてるので、服装がおかしいのかとよく見てみたら靴下の柄が左右で違っていただとか、あとは参加者でお経を唱える場面があったのだけれど、これがどう聞いても韻を踏んでたのでラップじゃんと思ったりしてた。オレは知らなかったけどラップは天にも通じるらしいぜ。

 1時間近く背の低い椅子に座り続け、そろそろ腰に障害が残るのではみたいな痛みが生じ始めたころ、お経は終わり住職が退場、会場の場所を移して食事タイムである。僕がトイレを済ませ会場に入ると、旧友たちはそれなりに盛り上がり始めていた。

 2,30人ほど集まっていた。これほど集まったのは卒業以来である。僕の中学の同級生は3桁もいないので、昨日が祝日であることを踏まえてもかなりの数が集まったのだ。

 世間話をした。どこの大学に行っただとか、オンナについてどうだとか、アイツは今何をしているだとか、身長伸びすぎだとか、そんなもの。誰も連絡が取れないやつ、就職してるやつもいれば、大学行ってるやつ、結婚してるやつもいる。公立中学の同級生はやっぱり一番社会の縮図っぽい感じがした。

 この時点で違和感は拭えなかった。茶番センサーの発動である。一番印象に残っていたのは、中学時代の人間関係の再現だ。中学時代、見た目を弄られてたやつはこの日も見た目を弄られ続け、とにかく人の頬を抓ってたやつはこの日も人の頬を抓っていた。僕はもう気持ち悪くて仕方がなかった。そして、皆が皆、事あるごとに「身長以外みんな変わってないね」と言うのだ。あまりにもみんなが同じことを言うので僕の知らない江戸仕草か何かかと最初は思った。いや、どう考えても皆は変わっているだろう。何故こんな茶番をする?僕は人間について何か勘違いしてたのだろうか?友達のいない僕だけが見える世界?いや、そんなはずはない。こんなのを演じさせられた他の人も、皆同じように感じていただろう。いや、もしかしたら怪電波でみんなおかしくなってたのかもしれない。やっべぇな、アルミホイル被らなきゃ(使命感)

本当にそんなことを考えていた。やがて食事会も終わり、解散。帰り道、目的地方向が同じ数人と電車の中で盛り上がった。彼らは女の話を始めていた。弄られキャラだったヤツはカノジョといつもナマでやってるぜ自慢を始めた。野球部だったヤツはアニメーターを目指して下請けの仕事を始めたらしい。誰も食事会ではそんな話をしていなかったので驚いた。茶番はいつの間にか終わっていた。

 そんなことを思っていると、公共の場で猥談をするなと何故か僕だけがおじさんに怒られた。オレだけは何一つ変わってなかったのかもしれない。まぁ、僕のようなモブには敗北がお似合いである。次こそは絶対に勝つ。

5.4/13現在の近況

最近はよく印象に残る夢を見ます。今朝起きるまでに見てた夢がこれで、https://twitter.com/nagoyajc/status/852357234231083009

その前日も夢を見ました。知り合った女性と幸せな交際をすることになったため、「なんか嫌な予感がするが、もしやこれは夢ではないか?」と思いながらやっていたら、やっぱり夢でした。現実というものは信頼が置ける。ついでにシックスパックも泡沫の夢だったのです。

最近は、これらの夢は、脳が女性と交際する夢やら破滅する夢やらを見させていて、現実でのモチベーションを担保させるという、弊脳の高等テクすぎるマインドコントロールなのではないかと思ったりもしています。

というわけで近況です、そんな感じ。1ヶ月ぶりの更新ですが、それまでと変わったことといえば、麻雀のルールやら何やらを覚えようとネットでいろんなところを見て回ったり、通学中に適当に本読むようにしたこと。とりあえず今は安吾読み始めました。明日死んでも悔いはないね。

 

3 一夜だけの関係

 勉強していた僕の視界に、巨大なカマキリが入り込んだ。どうやら換気のために窓を開けていたときに、部屋に入ってきたようだ。グーグルで検索してみたところ、オオカマキリのメスらしい。こいつがなかなか可愛くて、僕のところに積極的に寄ってくる。手を近づけると乗ってきて、なかなか離れようとしない。頭を撫でてやる。それは気に入らないのか、僕の指を鎌で引っ掛けて辞めさせようとする。しばらく、彼女との触れ合いを楽しんだ。

 オオカマキリのメスは、交尾のときにオスを食べようとするらしい。本来そのような習性はないらしいのだが、出産のときにエネルギーが必要だからなのか、自分より小さく、弱いものを餌と認識するからなのか。オスも食べられたくないので、普通に逃げ出すという話も見た。異常なまでに僕に寄ってくる彼女を見ると、ひょっとして僕を餌として認識してるのではないか、そんな予感もする。

 思えば、生物からこんな熱烈なアプローチを受けるなど、いつ振りだろうか。秋の終わりに現れた蚊が最後だった気がする。彼女はまだ、僕の体の上でじっとしている。最近は一生独りでもいいと思ってたけど、今夜だけは、彼女と寝てもいい。そう思い始めた。

2 Twitter

 こんなブログに記念も何もないんですが、記念すべき第2回、はじめはボノボの生態や考察について書こうと思ってましたが、やめました。いろいろと足りません。いずれ書きます。ここにこうやって書かないと、ブログにしないと思うので、文字数稼ぎを許してください。というわけで、Twitterについて書きます。今回は、ほとんどが自分語りと懐古です。意識が高くなったり、あまり長くなったりしないように心がけたつもりです。

 僕は2011からTwitterをやってますが(初めてアカウントを作ったのは2010)、この6年の間には、本当にいろいろなことがありました。Twitterのおかげで現実の人間関係がいくつかぶっ壊れたりもしました。これからはあまりそんなことは起きてほしくはないです。刺激は他のところで足りてますし、ここでは平穏無事が一番なのだと、7年目にして至りました。

 最初はROM専でした。好きな人に対してパノプティコンみたいだったと思います。ROM専だった理由は、インターネットに言葉を投稿するのが、どうしようもなく怖かった、というのが第1の理由でしたが、もともとは好きな歌手や芸能人だったり、アニメ情報の共有だったり、ワロスbotだったり、ニコニコ動画の歌い手だったり、ラノベ作者だったり、そういう人たちを眺めるためにアカウントを作ったので、当然でしたね。そして、ニコニコ動画の歌い手ファンたちと繋がり、彼らを経由して、当時のふぁぼ界隈を知り、確実に道が分かれました。最悪の出会いだったと思います。僕はROM専でなくなりました。2回ほど凍結もしました。なかなかの黒歴史ぶりですが、今思い返すとあの時が一番楽しかったなぁと思います。しかし、ログ見ると全然そんなことないですね。思い出補正は知らないうちに入り込む。

 短くするためにめちゃくちゃ省きましたが、nagoyaJCができるまではこんな感じです。いい加減Twitter以外の有意義な休日を過ごしたい。僕にとっては、良くも悪くも、Twitterは生活の一部になってしまった。これからもそうなるでしょう。僕はこうやって6年間を過ごしてきたし、社会的地位の変化と老いが、取り返しのつかない結果を生むまで、これを繰り返す。

1 はじめに

 先日、タイムラインでブログについて話題になり、僕も試しに少し書いてみたはいいんですけど、まぁ当然というか、相当酷いことになりますね。30分ノリノリで書くまではいいけど、いざ読んでみると、中学の修学旅行感想文から文章力が何一つ成長してないことがわかってしまう。ツイッターをやっても長文を書く能力はあまり育たない、というのは複数回見た意見ですので、予想の範疇に入ってはいましたが、それにしても酷い。読めるレベルの長文を書けるようになりたい。

 インターネットでオタク構文や淫夢語録、ハイコンテクスト意味不明構文などを使った、よくわからない文章を書き続けても、それはよくわからない文章を書けるようになるだけだったわけです。僕は文章力というものに対しては、ふわふわとした認識しかありませんが、このブログをやっていくにあたって、インターネットでよく見る、とりあえず万単位書け、という意見に乗っかります。万書くまでは続けたいなあ。

 文章力がない人間が、長文のブログを書いても、逆に見る側がダメージを受けるとか、本当にロクなことにならないということは、見る側になるとよくわかるんですけど、これも訓練ということでご容赦ください。読めるレベルの長文を書けるようになりたいんです。よろしくお願いします。